福島県で最も読まれている新聞「福島民報」を主に、全国紙は「毎日新聞」「日本経済新聞」「産経新聞」スポーツ紙は、「スポーツニッポン」「サンケイスポーツ」と幅広い紙を取り扱い、地域の皆様に役立つ情報を配信し、また、地域の皆様が「伝えたいこと」「広めたいこと」を発信するお手伝いをいたします。

新型アマビエマスク 発売

2021年 4月16日

ご好評いただいたアマビエマスクが
ナノビエブロックに進化


医療用レベルのマスク性能を日常へ
N95相当
フィルターは一般財団法人カケンテストセンターによる微粒子捕集効率(PFE)試験で、0.1マイクロメートルの微粒子を99%カット。米国労働安全衛生研究所の定めるN95規格を満たす性能が確認されています。
ナノフィルターがウィルス飛沫、
花粉などを99%ブロック
ヤマシンフィルタ社製の高性能ナノフィルタが直径0.1マイクロメートルの微粒子を99%カット。静電気に頼らない、超極細ナノファイバーがどんな細かい脅威も逃さずしっかりウィルス飛沫などを補集します。


洗って繰り返し使えて高性能
お値段は 一枚 
1,100円 税込み


ご注文先
株式会社郡山北部ニュースセンター
TEL  024-952-0112
FAX  024-961-7388
mail hokubunews2@gmail.com

担当区域外、県外のお客様は、民報印刷 オンラインショップ ぷりもの でも販売いたしておりますので、どうぞお買い求め下さい。
4月20日現在は ナノビエ 一部 在庫あり

ノーマルアマビエ、新種も続々発売中
オリジナルマスクも10枚より作成可能

交通安全協会への横断旗の寄贈

2021年 4月14日

 本宮、二本松、郡山北部の、毎日新聞と福島民報を取り扱う販売店で組織する安達太良会
同会による、今年で36回目の横断旗の寄贈式が郡山北署でおこなわれました。(
今年は、横断旗400本とのぼり旗20本を寄贈)
地域によっては、子供たちの減少により通学路も減少、横断旗の需要も以前より無くなりつつあります。そのため、33回からは、のぼり旗の寄贈もおこなっております。

当センター区内は、広範囲が通学路となっており、住宅街でもありますが、日常的にハラハラする場面に出くわします。住宅街をスピードを出して走る車両、クラクションを鳴らしながら走り去る車両、並んで並走する自転車、危険な行為です。
ハンドルを握るドライバーのひとりひとりが、心に余裕を持ち、交通ルールを守り、安全運転を心がけていただければと願います。
4月14日付け 毎日新聞
4月15日付け 民報新聞

「県内企業 勝手に応援」

2021年 3月5日

 先月から加工食品の販売をはじめました。
取り扱う商品は、福島県の老舗企業の商品です。

おかげさまでご好評をいただき、2月の時点で100個以上の販売ができました。

商品の販売は引き続き続けてまいります。さらに、今後は商品ラインナップの充実も図ってまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

取扱商品は、下記がリンクとなっております。

物販食料品

2021年 3月22日

大変ご好評いただき、ラインナップも充実させていただきました。
今後も良い商品が見つかれば増やしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

神獣べこ

2020年 2月19日

 店頭に設置しているガチャガチャですが、設置以来たくさんの方にご利用いただき、誠にありがとうございます。

おかげさまで、神獣べこは間もなく品切れとなります。
次回は動仏を投入予定ですので、引き続きご利用いただけると幸いです。

なお、鬼滅ガチャは人気キャラを補充しましたので、あわせてお楽しみください。


個人的に、柴犬のにおう像がお気に入りです。
おかげ様でまもなく完売
今回補充したキャラクター

NEWSがわかる

2021年 2月13日

 毎日新聞社より、毎月発行されているNEWSがわかる

3月号の内容が、物流・コロナワクチンについてわかりやすく解説しております。今旬なワードです。
ぜひ、お買い求めください。




            
    物流の抱える問題
   物流で使われるパレットにスポット
   

    コロナ変異株についての記事

  ワクチンについてわかりやすく解説

新聞を使っての学習方法

 「子供に新聞を読ませたい」というお父さんお母さんが増えています。

新聞を読めば、時事に詳しくなるのはもちろん、新聞の実用的な文書・複数の資料を読むことにより、文章の構成を捉え、読解力・想像力・思考力を鍛え、プレゼンテーション能力も身に付きます。

まさにいいこと尽くめの新聞ですが、この教材をどのように与えるべきか?
いざ、子供に与えてみたが興味をもたず、購読を断念した親御さんも多いかと思います。

子供に新聞を読ませることは敷居が高いようですが、実はとても簡単です。ただ少しのキッカケをつくってあげれば、子供は新聞に興味を持つようになるでしょう。

一つの方法として「新聞タイム」があります。
新聞はすべて読まなくても結構です。
古い新聞でも構いません。1日1回、数ある記事の中から一つだけでいいので、お子さんが気になる記事を選ばせて読ませてください。

そして、その記事に対しての自分の感想や意見を書かせて、親子で話し合うのです。
この「新聞タイム」を継続することにより、子供は自然と新聞を読むことができるようになります。

ゆっくりで構いません。
お子さんが興味を持つまで、親御さんも一緒になって「新聞タイム」をつくってください。

ご購読のお申込みはこちらまで

株式会社郡山北部ニュースセンター
TEL  024-952-0112
FAX  024-961-7388
mail hokubunews2@gmail.com

アマビエマスクの一部商品の生産終了

2020年 1月13日

 大好評いただきましたアマビエマスクですが、このたび一部の商品の生産が終了となります。
生産終了は一部商品のみで、それ以外は引き続き販売いたします。ご入用の場合、お手数ですが販売店までお問い合わせください。

なお、生産終了の商品であっても、10枚以上の注文であれば再生産をいたしますので、お気軽にお問合せください。

ガチャ始めました。

2020年11月20日

 「何かおもしろいものを」と思って、店先にガチャを設置しました。近くに寄った際は気軽にご来店ください。

商品ラインナップは今大人気の「鬼滅の刃のラバーストラップ」です。(鍵、バッグに付けるアクセサリーに丁度いいですよ)

プレゼントにどうぞ!!



神獣ベコはひそかなブーム
もちろんシークレットのやまたのアレが2種類入ってます。

画像は真・ケルべコス(地獄の番犬ケルベロスとの合体ベコ)

ガチャは営業時間中のみ設置しております。
近くにお越しの際はお気軽にお寄り下さい。
段差があるので設置場所に困りました。
商品は定価600円以上のラバーストラップ
ひそかなブームの神獣ベコ

帰ってきた折込の力




折込を入れたいけど、どうすればいいの?

ぜひ、当センターへご相談ください!!
担当エリア外でもお取り継ぎいたします。

グッズシバの直販

 グ



近場では手に入らない商品、便利なアイデア商品、お子さんの喜ぶキャラクターグッズなど多数取り揃えております。

お近くに来られた場合は、遠慮なくご来店ください。 


株式会社郡山北部ニュースセンター
TEL  024-952-0112
FAX  024-961-7388
mail hokubunews2@gmail.com


近場では売ってない商品
ホビーの販売・予約
人気のキャラクターグッズ
エコバック

株式会社 郡山北部ニュースセンター
〒963-0551福島県郡山市喜久田町字入ノ内33番地の3 / TEL 024-952-0112 / FAX 024-961-0112

問い合わせフォーム

マイナビバイト
Contact
P